コーヒーカップが似合う、ガラス戸の食器棚

カフェのカップボード

たくさんのコーヒーカップコレクションを収納するためのカップボード。
カフェの「見せる収納」として制作をしました。
引き戸に薄いガラス、レトロな昭和の食器棚をイメージしています。

余計な装飾は一切排除し、全体的に線も細いのでとてもシンプルな仕上がりです。
オイル仕上げで木の質感はそのまま、優しい雰囲気ですが家具の存在感はもちろん、収納した食器棚にも目がいくようなデザインです。

素敵なカップたちが。和食器や陶器がとてもよく似合います。

イメージに合わせて引き戸の金具も黒っぽい色で。

壁面のコンセントが使用できるようにパネルを避けて制作しています。

このような古い雰囲気の食器棚やカップボードを探す場合、新品のものではなかなか良いものが見つからないように思います。
量産品は、木目をプリントしたシートを貼ったものがほとんど。
シートの場合は質感が本物の木とは異なり、どうしてもこ綺麗な工業製品っぽく見えてしまいます。

色が濃いところや薄いところ、節などがあることで自然な、そしてどこか懐かしい雰囲気に仕上がります。
サイズ・色・ガラスの種類まで、ご希望の通りに制作いたします。お気軽にお問い合わせください。

このカップボードは下記店舗にて実際にご覧いただけます。千葉県の佐倉市にあるカフェ「かのん」さんです。
カフェかのん (アメブロ)
千葉県佐倉市王子台3丁目2−4

その他の事例

  1. 大量のオーディオ機器を収納できるテレビボード

  2. ウォルナットのカードスタンド

  3. アイアンの金具を使った壁掛けシェルフ

  4. 大きくなっても使える、ランドセルラック

  5. ラーチ合板のカウンター下収納

  6. パイン材のアンティーク調テレビボード