OSBの天板とスチール脚のテーブル

インダストリアルな素材とデザイン

アパレルメーカーで販売されているOSBのテーブル天板に合わせたスチール製の脚を制作しました。
元々このOSB天板は、同メーカーから発売されている脚を組み合わせる予定でご購入されたものですが、脚の形状や高さが希望と合わず。
インダストリアルな雰囲気のものを、ということでお問い合わせいただき制作をしたものです。

メーカーの脚は4隅にワンタッチでねじ込めるタイプの、いわば普通の形の脚でしたが、色々なご要望をお伺いしているうちに全く異なった形状の脚が出来上がりました。

OSBの天板

OSBとは薄い木辺を圧縮した板材です。木のチップが集まった特徴的な表面を持っています。
通常OSBは、建材として壁の内側などに使われるものですが、このランダムな模様が格好良くインテリアの一部に取り入れるケースがあります。
今回ご注文いただいたお客様のご自宅の一部にも壁面に見せるOSBが施工してあり、家具もそれに合わせてコーディネートをされています。

天板は前述の通り、アパレルショップでご注文されたものですが、当店での制作も可能です。

天板の厚みは27mm(9mm板の3枚重ね)ですが、かなり重たいので18mm(9mm板の2枚重ね)の方が良さそうです。価格も割安になりますので、当店でOSBの天板を制作する場合は18mmでご提案いたします。

脚はスチール(アイアン)製で色はマットブラック。
正面から見るとシンプルですが、上からみるとかなり複雑な構造になっています。トラス構造というタワーや橋などの建築物に使われる技法を参考にデザインをしています。

このテーブルの設置場所は3面が壁に囲まれ、そこにソファがL時に並んでいるためスペースが限られていました。
脚が4隅にあるとソファに座るときに邪魔になるということで、このように脚を中央に寄せた形になりました。
機能性と見た目を両立させた、アート作品寄りの唯一無二のデザインです。

このテーブルのように特殊なデザインのテーブルや家具を設置場所に合わせたサイズで自由に制作可能です。
どこに依頼をして良いのかわからない、というようなものでもお気軽にお問い合わせください。
ご希望に合わせたデザインはもちろん、使い勝手も考慮した家具をご提案いたします。

その他の事例

  1. 壁一面の大容量収納

  2. 優しくて大人っぽい、オリーブ色のランドセルラック

  3. 木箱を積み重ねて自在なレイアウトを作れる棚

  4. ウォルナットのカードスタンド

  5. ぱたぱた扉のくつ箱

  6. 家具とアートの組み合わせ