ラフな仕上げのナチュラルシェルフ

足場材のようなラフな板材を使用したシェルフ

ONLINE SHOPで販売している「3段 ラフシェルフ」を4段に変更、サイズオーダーと全体をダークブラウンで塗装したシェルフです。
2台制作し、横に並べてカウンター下収納としてご使用いただいています。

薄い板を使って華奢な印象に

棚板・支柱ともに杉材で、棚板の厚みは1cmほど。
とても薄く、全体的にすっきりとしています。
通常、このくらいの厚みだと強度がほとんどなくなってしまいますが、棚板の下に補強材が入っています。
支柱同士をつなげているので十分な強度が出ています。

ノコギリの刃の跡が残る粗い仕上げ

最大の特徴は棚板の仕上げ方。
ラフという名の通り、すべすべの板ではなく刃の跡が残った荒い風合いです。

厚めの板をバンドソーというノコギリでスライスし、その際についた刃跡をあえて残しています。
足場材のようなざっくりとした見た目が男らしい。

加工できる幅は限られていますが、「ラフシェルフ」以外でも同様の加工を行うことは可能です。
足場材のような古材を使った家具がお好きな方に。
足場として使っていた材料はちょっと・・という方にもおすすめです。

その他の事例

  1. ナチュラルでレトロな木製ワゴン

  2. 引き出しを追加した3段シェルフ(ホワイト)

  3. かすれた塗装のアンティーク調ダストボックス

  4. ヨーロッパアンティーク調の白いマントルピース

  5. のびやかな木目を生かした格子戸のテレビボード

  6. 木箱を積み重ねて自在なレイアウトを作れる棚