家具感覚で設置できるコンパクトなキッチンカウンター

置くだけ簡単設置の小さなカウンター

最近のマンションやアパートはキッチンカウンターがはじめから設置してあることが多いですが、
少し前の世代の住宅だとキッチンとリビング・ダイニングに仕切りがなく、ひと部屋の間取りになっているケースがあります。
カウンターは、収納機能はもちろん目隠しとしても役に立ちますので設置したいという方は多いのではないでしょうか。

今回制作したカウンターは、大掛かりな工事をせず「家具を置く感覚で簡単に設置できる」コンパクトなキッチンカウンターです。
機能面では、ご要望に合わせてマガジンラックや炊飯ジャーのスライド棚など、雰囲気や使い勝手の良い機能を盛り込んであります。

キッチン側の機能的なレイアウト

キッチン側(内側は)全面に収納可能です。
上段・下段と分かれていて、上段の左に食器類、上段の右にスライド付きの炊飯器置きがあります。
食器を置く棚板は調整可能な棚板が2枚、下段は大きめのものを収納でき、こちらにも調整可能な棚板が一枚ついています。

炊飯器のコンセントを逃す穴も。炊飯器置きの奥にも扉がありますが、こちらはダミー扉で開きません。

食器置きは両面からアクセス可能

内側から収納した食器類やカップ類は表側からも取り出すことができ、リビング・ダイニング側から必要な時に簡単にアクセスできるのでとても便利です。
レトロな雰囲気の扉とアイアンの取っ手やマガジンラックが良い雰囲気で、一見キッチンカウンターっぽく見えない点で見た目と機能を両立したデザインになっています。
左のダミー扉も違和感なくまとまっています。

サイズや色味、雰囲気、レイアウトなど自由に制作可能ですので、
「カウンターを取り付けてみたいけど大掛かりな工事はできない。」そんなお悩みをお持ちの方はぜひご相談ください。

その他の事例

  1. 木のマグネットとハンコ立て

  2. 木箱を積み重ねて自在なレイアウトを作れる棚

  3. コンテナボックス「THOR」用テーブルトップ

  4. ローテーブルを兼ねた組み換え式のダイニングテーブル

  5. パイン材のアンティーク調テレビボード

  6. かすれた塗装のアンティーク調ダストボックス