古いテーブルを現代的にリフォームしたテーブル

使いやすく生まれ変わったテーブル

かなり年季の入った低い机、いわゆるちゃぶ台をリフォームして、今風のデザインのローテーブルに作り変えました。
どのくらい古いものかははっきりとはわかりませんが、半世紀は経っていそうな質実剛健な作り、味わいのある机。
捨てるのはもったいないから使いたい、でも今の家にはなじまない。
ということでリフォームして欲しいとのご依頼で制作したものです。

原型は留めず自由な形で

元々は焦げ茶色の机でしたが、表面を削って木材の地の色を出しました。
虫食いもあったので多めに削り、元の厚みから5mmほど薄くなっています。
正方形だった天板は分割してふたつのテーブルに。普段は半分の小さいテーブル、
必要に応じてふたつをくっつけ大きめのテーブルとしても使うことができます。

外した脚は花台に

脚は「ほぞ」で差し込んであっただけでしたので切ることなく外れました。
凝った形状だったため、ここも捨てるのはもったいないということで丸い天板をつけて花台に。

リフォームすることで形こそ大きく変わりましたが、素材は生き続けます。
思い出はあるけど使い道のなくなってしまった家具たちも、作り変えることで受け継いでいくことができます。

お持ち込みでのご相談も可能ですので、同じようなお悩みをお持ちでしたらぜひお気軽にご相談ください。

その他の事例

  1. 美容室のコンクリート調ロッカー

  2. 赤いベンチ

  3. プランターの置けるローテーブル

  4. かすれた塗装のアンティーク調ダストボックス

  5. 粗く、ナチュラルな古材風デスク

  6. 家具とアートの組み合わせ