大量のオーディオ機器を収納できるテレビボード

用途を絞った収納

テレビボードに収納する機器類は、通常、DVDデッキやゲーム機、ルーターあたりになると思います。
オーディオや映像にこだわっている方は所有している機器類が多く、一般的なテレビボードでは収納しきれない、ということに。
こちらのテレビボードは、ミュージシャンをされているご夫婦からのご依頼で制作したもので、機能的な部分を重視しつつ、お家のイメージに合わせてシンプルなデザインにまとめました。

テレビの周辺機器といえ、音にこだわればアンプなどの機器類も追加していくことになります。
音楽好きの方の機器類の収納方法としてよく見かけるのが、ラックに全てを並べていく方法です。
それはそれでメカメカしくてかっこよくはありますがリビングなどではごちゃごちゃ感が出てしまうのは否めません。

見た目をすっきりと

ごちゃごちゃ感をなくすためには、大量の配線類をうまくまとめて、デッキ類もある程度隠したり見せるレイアウトにする必要が出てきます。
今回の場合、オーディオラック兼テレビボードにすることで、それらをクリア。
9マスある収納はそれぞれ背面に穴が空いていて、テレビボードの裏側で配線を接続できます。
真ん中のマスにアンプを、それを中心にそれぞれの機器に接続できます。複雑な配線類を隠すことができます。

取り外しができる扉

テレビボードは9個のマスで構成されています。今後も機器が増えていく可能性もあるため、多めに確保してあります。
現在の機器は5つほどでしたので、真ん中のマスを中心に、十時型に機器類を設置。
現時点では機器が入らないマスはフタをつけて4隅に配置しています。リモコンや小物類を入れておくことができます。

フタは、襖を外す要領で上に持ち上げると簡単に取れるようになっていて、どのマスにも取り付けが可能。
機器が1つ増えて6つになったら上段と中段をオープン、下段にフタをつける、等のレイアウト変更をすることがきます。
収納するものに合わせて柔軟にレイアウトを変更でき、デザインも変えていけるテレビボードです。

テレビボードに収納できるものは、使い方や設置場所によって様々です。
こういうものを収納したいけど普通のテレビボードでは入らない・・というようなお悩みがございましたらお気軽にご相談ください。
条件等も考慮し、ご提案をいたします。

その他の事例

  1. 美容室のデザインA型看板

  2. 持ち運びが簡単、軽量な折りたたみテーブル

  3. 赤いベンチ

  4. アイアンの金具を使った壁掛けシェルフ

  5. アンティーク調のウェットティッシュケース

  6. 引き出し付きの3段シェルフ