MAKING

HYTNOSの家具はすべての工程を手作業にて制作しています。

ご注文からお届けまでお時間をいただいてしまいますが、大量生産品にはない温かみを感じていただけると思います。

 

制作の様子をテレビボードの格子扉を例にご紹介します。

making1

1. 使用するのはパイン材。使用する材料を切り出し、準備。

 

making2

2. 材料から扉の枠となる部分を制作。格子を固定する穴、枠同士を強固に固定するホゾ加工。(凹凸加工)

 

making3

3. 格子。一本一本丁寧に面取り。先端の角を取ることで差し込みやすくなります。

 

making4

4. 枠にあけた穴に3の格子をはめ込んでゆきます。

 

making5

5. ホゾ部分。凹凸に加工し、はめることにより高い強度を得られます。

大きくても入らない、小さくてもぶかぶかで意味をなさない。10分の1mm単位の正確さが要求されます。

 

making6

6. 組み立てが完了。こうなれば手の力で再びバラすことはほぼ不可能です。

 

making7

7. 塗装、取っ手などの金具を取り付けテレビボード本体にセットして完成。

 

安心して長くお使いいただけるよう、

当店の家具の可能な部分はすべて上記の方法で制作しています。